[新型コロナ対策]定額給付金の前にマイナポータルなんとかなりませんか

水曜日 , 22, 4月 2020 [新型コロナ対策]定額給付金の前にマイナポータルなんとかなりませんか はコメントを受け付けていません。

総務省の特別定額給付金(いわゆる10万円給付)が近日申込開始だそうです。

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

この給付金ですが、郵送申請とオンライン申請が選べるようです。オンライン申請にはマイナンバーカードが必要になります。

(1)郵送申請方式
市区町村から受給権者宛てに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送
(2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)
マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

オンラインのほうがスムーズだし手間が少ないしだろうから、マイナポータルの操作に慣れておこうと登録してログインしてみたのですが、これがハードル高すぎてほとんどの人が力尽きてしまうのではないかというトラップだらけ。

https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

マイナンバーカードを認証IDにして暗証番号入力してログイン、という仕組み自体はシンプルでいいと思いますが、たとえばGoogle GhromeでICカード認証を使おうとすると

  • マイナンバーカード・PCの準備
  • ICカードリーダーの準備とセットアップ
  • Chrome Web Storeから機能拡張インストール(マイナポータルAP)
  • Chrome版マイナポータルAP(Windowsアプリ)のインストール

といたずらにややこしくてほとんどの人が途中で諦めてしまうのではないかという不親切仕様。詳しくは「ログインの手順」をご覧下さい。

https://myna.go.jp/SCK0101_03_001/SCK0101_03_001_Init.form

ただでさえ普及率が約1割のマイナンバーカードなのに、ここまで使いにくくさせてオンライン申請比率が上がるとはとても思えませんでした。今回の給付は住民基本台帳記載者のほとんどに影響あるのだからこの際たとえば以下のような手順でマイナンバー通知カード(マイナンバーカードでない縦長の紙)からマイナンバーカード作らせるところまでやってしまえば後々楽になりそうな気がするのですが。

  • 通知カードで仮パスワード設定
  • 住所と口座を入力
  • スマホなどから写真アップロードで本人確認と写真提出
  • 本人確認完了したら暗証番号と本パスワード設定
  • 後日マイナンバーカードを本人特定郵便で郵送

今回非常事態だからそこまでやってられないというのはあるかもしれないですが、柔軟に考えてマイナンバーをうまく給付の仕組みと紐付けて事務処理の負荷を下げることはいくらでもできるはずだな、とか思います。

現行の仕組みだとほとんどの人が郵送になる見込みですが、これだと申請用紙からシステムに大量に手入力するコストが馬鹿にならないし本当にもったいない。なんとかならないものでしょうか。

ちなみにマイナポータル自体はいろいろ多機能で便利でした。(とってつけた)

(4/23追記)
「スマホのほうが便利」というご意見がありましたのでそちらも試してみました。マイナポータルAPインストール→ログイン画面から暗証番号入力→NFCタグをスマホでスキャン→ログイン完了 という手順で、PCよりはスムーズにできましたが
Android→ログイン後は問題なく使える
iOS→ログイン後はなぜかログイン前のホーム画面に遷移する(ふりだしに戻る)
となり、挙動がなかなか不審です。

新型コロナウィルス対策(Googleスプレッドシート)※更新中

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1MFZuPfrbkr–HOYlnJfW4YFlVYkOHEd1YkTPKXamEZs/edit#gid=0

当事務所のお問い合わせはこちらへ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e5d2273b248067

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。