ねこ会計を考える

水曜日 , 2, 11月 2016 ねこ会計を考える はコメントを受け付けていません。

やわらかめのエントリです。

今日も順調に業務妨害してくれる我が家のねこですが、ふとこいつを財務諸表で表現するとどうなるのかな、てことで思考実験してみます。「ねこ財務諸表」とでも呼びましょうか。

※画像はイメージです

hir85_pcwonozokikomuneko20130618_tp_v

まず、そもそもねこ財務諸表を作成したととして、誰に対して報告するためのものなのかと考えてしまいますが、不特定多数の投資家ということはなさそうなのでとりあえず「飼い主」としておきましょうか。株主一名。

  • ねこ損益計算書の内訳
    • 収益:なし
      • どこかのコンテストで賞でもとらないかぎり、貨幣的にはありません。まあ精神的価値があるものとしても貨幣的には表現できないですね。
    • 費用: ごはん、トイレ代、病院代など
      • 安くはないですが、確実に支出が発生します。よって、費用はそのまま「損失」になるのですが、対応する収益が(非貨幣的ではありますが)相殺して余りあるので全く問題ないかと。
  • ねこ貸借対照表の内訳
    • 資産: ねこ本体
    • 負債: なし
      • よほど超高級でないかぎり借金してねこを買うということもないと思うので、ここではないものとします。
    • 純資産: ねこ本体

なんのことはない、B/Sで表現されるのはねこそのものでありました。

なんだかオフバランス項目ばかりになってさっぱりな感じですが、ねこに貨幣的価値を求めてはいけないということなのかもしれません。

※お問い合わせはこちらから

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e5d2273b248067