【書籍】シンギュラリティ・ビジネス : 私たちはシンギュラリティを目撃することができるのか

水曜日 , 19, 7月 2017 【書籍】シンギュラリティ・ビジネス : 私たちはシンギュラリティを目撃することができるのか はコメントを受け付けていません。

昨今話題の「シンギュラリティ」という言葉は、この人の講演で一気に浸透した感があります。

【SoftBank World 2016】 基調講演 孫 正義

そして、「(技術的)特異点」という意味でのシンギュラリティがビジネスの世界にどのように影響を及ぼすのかについて述べた一冊が出ています。

著者はまだ日本人でも少ないSingularity UniversityのExecutive Program(EP)卒業生です。本書のキーワードはタイトルの「Singularity」そして「exponential(指数関数的)」の2つ。全体的に楽観論が強く、リスクの掘り下げが甘い感はありますが、それでもかなり刺激的な内容の一冊です。

今後数十年で世の中にどのような変化が予想されるのかは本書を読んでいただくとして、読者の立ち位置は

「Singularityが到来することを所与としてそのための準備を考えるヒントにする」

のか

「Singularityが到来するかどうかわからないので現状の延長で今後を考える」

のかによって本書から得られる示唆も変わるように思えます。私の場合はたんに新しいもの好きなのでもちろん前者。仮に2045年がTechnological Singularityの発生時点だとして、ぎりぎり自分が生きている間にそれらが実現することを目撃できるかもと考えるだけでわくわくしてきます。

ビジネス環境も根本からの変革を迫られることになります。Singularityによって変革を遂げた「エクスポネンシャルな組織の10の特徴」もぜひ本書を手に取って知っていただきたいですし、私自身も本書で述べられている「Singularity Universityが考える人類の12の課題」について、自分の問題意識や今後の居場所をどこに置くべきかをじっくり考えてみたいと思います。

 

Singularity Universityについてはこちらの記事も参考になりますのでどうぞ。

世界のトップエリートは「10%アップ」でなく「10倍アップ」の成果を目指す

http://www.gentosha.jp/articles/-/8251

 

当事務所へのお問い合わせはこちらまで

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e5d2273b248067