【書籍】エッセンシャルIFRS 第5版

木曜日 , 30, 3月 2017 【書籍】エッセンシャルIFRS 第5版 はコメントを受け付けていません。

秋葉賢一先生の名著、第5版になっています。

 

 

2016年9月30日までのIFRSの改訂を反映しています。IFRS第16号「リース」の解説も追加されました。

【目次の概要】

  • IFRSとはなにか
  • 概念フレームワーク
  • IFRSの考え方とその背景
  • IFRSによる財務諸表
  • IFRSによる営業活動の会計
  • IFRSによる固定資産の会計
  • IFRSによる金融商品の会計
  • IFRSによる組織再編の会計
  • IFRSによる持分投資の会計

IFRSの解説書籍は大小さまざまなものが出ていますが、決定版となるとこれ一冊しか思いつきません。目次の区分の仕方も当時はユニークでしたが、考え方の大きな区分ごとにすっと頭に入るようになっています。演習問題もついているので復習にも最適。入門者剥けや、リファレンス書籍として手元に置いておきたい一冊です。

余談ですが、「リース」の公開草案は2011年3月11日の公認会計士協会の研修で秋葉先生の講義を拝聴する機会があり、登壇中に会場が大きく揺れたため研修中断、そのまま自然解散になったことを今でも鮮明に覚えております。当時の内容は2010年再ED(公開草案)だったと記憶してますが、震災の記憶に追いやられて詳しい内容は失念しました。(奥付を見ると第1版は2011年6月に刊行されていたようです。震災直後ですね)

IFRS第16号は早期適用だと2018年から可能なので、適用予定企業各社は準備に余念がない状況と思われます。本格適用となる2019年に果たしてスムーズに移行することができるのでしょうか。

 

※当事務所へのお問い合わせはこちらまで。IFRS導入準備のご相談も承ります。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e5d2273b248067