開業相談もAIに置き換えられるのか?

水曜日 , 15, 2月 2017 開業相談もAIに置き換えられるのか? はコメントを受け付けていません。

確定申告シーズン到来ですが、少々息切れ気味です。

時節柄か、新規のお客様の問い合わせも不定期でお受けしているのですが、開業まもないお客様の場合は多くの共通した悩みがあります。典型的には以下のような内容です。

  • 開業資金はいくら用意すべきか
  • 資本金はいくらにすべきか
  • 開業届など届出書類はいつ出すべきか
  • 銀行口座やクレジットカードは個人名義でよいのか、法人名義が必要か
  • オフィス環境は整えるべきか、最初は自宅でよいか
  • 事業資金を銀行から借入すべきか、できるのか
  • 日々の取引をどのように記録していくのがよいか、領収書保管はどうするか
  • 会計ソフトはなにを使うべきか

このような相談はお客様の置かれた状況によって解が異なるので、状況をお伺いして適切な回答になるよう都度考えることになります。今後はこのような相談も、いわゆるAIの発達によって定型化・自動化が図られていくのかもしれないな、とふと考えたりします。定型業務と違って多くの変数があるので簡単にはいかないと思いますが、そんな時代はまだ先と思っている間に記帳作業や仕訳登録はクラウド会計ソフトによって自動化されてしまいました。開業相談のような変数を限定できそうな個別の相談業務もいずれはそうなるという前提で、AIを活用しつつ独自の付加価値を提供していく方法を考えていくことが避けられなさそうです。

 

 

※当事務所へのお問い合わせはこちら。お気軽にご連絡ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/e5d2273b248067